新ひだか町静内の『ささじま歯科医院』では一般歯科、ホワイトニングやセラミックによる審美歯科、インプラント、入れ歯(義歯)などの歯科治療を行っております。

0146-42-1471

診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00 休診日 日曜・祝日

治療について

一般歯科

なるべく痛くない・削らない・抜かないように

永久歯は一生使う大切なもの

当たり前のことですが、削ってしまうと二度と元には戻りません。大切な歯の寿命を守るため、ささじま歯科ではなるべく削らず、削る範囲を最小限に抑える治療を心がけています。また、患者さんの負担を少なくするよう痛くない治療の工夫をしています。

痛くない治療のために

虫歯が深い場合、麻酔をかけないと痛くてとても治療なんてできません。でもこの歯医者の麻酔が痛くて苦手…という方も。そんな患者さんも安心して治療を受けられるよう、痛くない麻酔の工夫をしています。

ささじま歯科の麻酔の特徴

針のない麻酔器シリジェット
針を使用せずに麻酔が行える注射器です。広範囲の歯ぐきに一瞬で表面麻酔がかけられるため、麻酔の針が刺さるときの痛みをなくすことができます。
33Gの注射針
麻酔を注射するときに使う針は歯科業界で1番細い33G(ゲージ)。「ゲージ」とは注射針の太さの規格で数字が大きいほど細くなります。33Gは約0.2mm。 細い針のほうがささるときの痛みが少ないです。
電動注射器アネジェクトⅡ
麻酔で痛いのが針が刺さるときと、もう1つが麻酔液を体内に注入されるときの圧迫感。麻酔を注入するスピードをコントロールすることでこの圧迫感を少なくできます。これは手動ではとても難しいので、コンピュータ制御の電動麻酔器を使用しています。
麻酔保温器カプリ
麻酔液と体温との温度差をなくすことで、麻酔液が入ってくるときのじわじわとした痛みが緩和されます。専用の機械で麻酔液をひと肌くらいに温めて保温しています。
少し待つ
麻酔をしてすぐに治療するのではなく、少し待ち時間をおくと麻酔の効きがよくなります。

歯ぐきが腫れているときは、腫れをひかせてから

痛くない治療をするために色々な工夫をしています。

歯ぐきが腫れて痛いと「すぐに治療してほしい!」と思うかもしれませんが、炎症がおきているときは麻酔が効きにくいんです。無理に治療しようとするとすごく痛い思いをすることに…投薬によって歯ぐきの腫れをおさえて、麻酔が効く状態になってから治療に入ります。

レーザー治療

出血をおさえ、痛みの少ないレーザー治療

できるだけ痛くない治療を行うために、炭酸ガスレーザーによる治療も行っております。
歯ぐきの切開をするときなど、メスを使わずに歯科用レーザーを使うことで、痛みや腫れの期間が短縮できたり、傷の治りが早くなります。口内炎にも効果的です。

不安なことは教えてください

怖いこと、苦手なこと、不安なこと、教えてください!!

痛いのが苦手・・・麻酔が怖い・・・音が怖い・・・

治療が痛くてツラくて通院を途中でやめてしまった」という経験のある方もいらっしゃるかもしれません。でも歯を残すためには治療をキチンと終えることが大切です。
「痛いのが苦手」「麻酔が怖い」という方は最初の問診のときや治療の途中でも、スタッフのだれでもいいので伝えてください。治療を最後まで終えられるよう、細心の注意をはらって治療に当たります。

ささじま歯科医院

〒056-0022
日高郡新ひだか町静内高砂町3丁目9-91
 
9:00

13:00
15:00

19:00

※金曜日は18:00までです。※日曜・祝日は休診日となります。 ※午前の受付は30分前、午後の受付は40分前に終了します。
※土曜日は休診の場合もありますので、「お知らせ」でご確認ください。

Googlemap見る

COPYRIGHT © SASAJIMA DENTAL All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ